沖縄の特産品


沖縄といえば透き通った海や青い空、そして美味しい食事など、オールシーズン様々な魅力を堪能できる人気の国内観光地です。そして沖縄には、その温暖な気候を活かしたたくさんの特産品があります。実際にどんなものがあるのでしょうか。

まず、さとうきびです。さとうきびの栽培には、豊富な日射量と豊かな水源が必要なため、国内では半分以上が沖縄で生産されています。また、沖縄県内においても、さとうきび農家が農家全体の70パーセントを占める、沖縄を代表する特産品です。

次に、沖縄野菜の代表格、ゴーヤーです。ゴーヤーも沖縄の高温多湿な気候が栽培に適しており、沖縄県産が国内シェアの30パーセントを占めます。近年では夏バテに効く健康野菜として認知度が上がり、頻繁に利用されるようになりました。沖縄の伝統的料理、ゴーヤーチャンプルーをはじめ、様々な料理に応用されています。

最後に、南国フルーツの代表格、パイナップルです。国内ではほぼ100パーセントが沖縄で生産されており、その中でも栽培に適した酸性で赤土の土壌を持つ石垣島において多くが栽培されています。沖縄本島との平均気温2℃の差が生み出す甘味とたっぷりの果汁がおいしさの理由です。

当サイトでは、それぞれの特産品の特徴や栄養、利用方法などをご紹介します。これから沖縄へ行くのにお土産の参考にしたい方も、特産品を取り寄せて気分だけでも沖縄を味わいたい方も、ぜひ当サイトをご覧になりお役立てください。