石垣島パインについて


南国フルーツの定番、パイナップルは、沖縄(主に離島)の特産品です。国内では、わずかに鹿児島でも栽培されている以外は、ほぼ100パーセントが沖縄で生産されています。沖縄本島と石垣島が主な栽培地域ですが、よりおいしいといわれているのが、石垣島のパイナップルです。

石垣島がパイナップル生産に適した理由

その理由はまず、石垣島の土壌にあります。島が元々もつ酸性の強い赤土と水はけのよさが栽培に適しており、また、農園によっては石垣牛やさとうきび生産の副産物から作られる有機肥料で、さらに良質な土壌つくりをしているためです。

平均気温の高さも理由の一つです。年間平均気温が24℃と沖縄本島に比べて2℃も高く、この差が甘味とたっぷりの果汁を生み出します。パイナップルにはビタミンと食物繊維が豊富に含まれていて、美容や美白、便秘に効果が期待できます。おすすめの食べ方はもちろん、カットしてそのまま自然の味をいただくのが一番です。沖縄県内の食堂では、きれいに器にパイナップルが盛りつけて「お造り」として提供している店もあるようです。

パイナップル目当てで行くならいつ?

収穫時期は4月から7月が主なので、現地で新鮮なパイナップルを味わいたい方はこの間に行くようにしましょう。全国の小売店ではなかなか手に入らないようですが、わずかに通信販売もされているので、沖縄までいけない方は、収穫時期のピークになる前に問い合わせをしておくとよいでしょう。